HOME>注目記事>厚みや形状だけでなく透明度の違いもチェック

光の反射の仕方が違う

アクリル板

美術品などを飾り付けるためにアクリル板を購入したくても、どれを選ぶべきかと悩んでいる方々は透明度の違いを確かめるために、アクリル板のサンプルを請求してください。サンプルを自分の目で確かめる事によって、ケースを作った際に内部に設置してある美術品がどれだけ美しく見えるのか、具体的に把握してからケースを作る事が可能です。品質の良いアクリル板であれば光を綺麗に通すので、光が反射してケースの中身が見えにくくなったり、眩しさを感じたりする心配もありません。貴重品などを飾り付けるためにアクリル板を使用するのであれば、割れた時にガラスのように飛び散らない性質を持つ、耐久性に優れた製品を使用する事を推奨します。

商品選びをサポート

アクリル板

数多くの種類のアクリル板を販売している企業は、用途に合わせて商品を選べるようにサポートを行っており、質問を送る事で分かりやすい説明を受けられます。アクリルケースを作る際には接着面の劣化の少ない商品を選べるように、FX板というタイプのアクリル板などをおすすめしてもらえて、サポートの手厚さでも好評です。初めて接着加工をする方々でも混乱する事がないように、まずはアクリル板を販売する企業に質問を送ってください。

大量発注にも対応

アクリル板

より安い料金でアクリル板を購入できるように、いくつかの店舗の商品を比べている方々は、大量発注で商品が割引される店舗がないか探してください。500枚や1000枚ほどのアクリル板を一度に購入する事で、商品自体の料金が下がる場合もありますし、カットなどの加工を同時に依頼すると手数料が割引される事もあります。金銭的な負担を減らしながら商品を購入できるのが魅力的だと評価される店舗で、大量のアクリル板を購入する事をおすすめします。

広告募集中