HOME>ホットトピックス>金属加工でのアルミニウムの特性と加工技術

目次

アルミニウムの特性

アルミキャスト

アルミ鋳物とは、アルミニウムで作成された所謂アルミ製品のことを言います。作成する方法は、アルミニウムを主として化合物を高温で溶かした液体状のものを、かつては砂型に、近年では金属で作られた鋳造のための型に流し込むことで作成します。アルミニウム鋳物は近年、急速に需要が伸び銅製品や鉄製品に次ぐ新しい金属として認識され急激に発展しています。建築関係で言えばサッシ、自動車関係で言えばアルミホイールなどの部品が典型的です。これはアルミ鋳物が、他の金属に比べ数々の長所があるからです。さらに純粋なアルミニウムに、銅や亜鉛などを加え、軽さ、強さ、加工性、耐食性に優れた合金も様々な分野で活用されています。

なぜアルミニウムは加工しやすいか

アルミホイル

アルミ鋳物の特性で分かり易い特性では軽く強く錆びないといったものがあります。アルミニウムは、鉄や銅の3割程度の比重です。この特性が自動車部品や生活用品に幅広く使用される理由です。自動車のタイヤホイールを例にとると、タイヤ全体が軽量化され燃費の向上につながります。さらに、他の金属に比べ、意外な強度が得られます。 また、鉄などに比べ錆びにくいですし、研磨の方法で美しい仕上がりになります。

金属加工をすること

金型

加工業者においては、加工性が良いことが利点です。アルミ鋳物は切削やプレスなどが容易にできます。熱の伝導率が良いことも特性で、これは熱交換器や冷暖房装置に加工するときこの特色が生かされます。磁気を帯びないことも特性です。これが製品加工に有利です。電気機器に利用されます。最も大きな特性は無毒だということです。さらに表面をきれいに加工できるため清潔ですから食品包装容器や家庭用鍋に適しています。

広告募集中